2. 200年住宅に注目(2)

100年以上の長寿命住宅を基本とするヨーロッパ社会は、住宅支出が少なく、 日本よりも生涯収入が少なくても、ゆとりある生活を手に入れています。 日本社会が今後目指すべき方向を示唆してくれているのではないでしょうか。