12. ミサワインターナショナルの支援体制

ミサワインターナショナルはあらゆる側面から提携企業様をサポートします。

200年住宅の事業化は、世界の160地方、国内344か所の古民家の分析をしての結果です。
住まいの多面的技術、エネルギー、バイオ、生命工学等の研究に取り組み、明日の事業、経営につなげます。
研究成果は住宅開発に随時、導入していきます。
(財)住宅都市工学研究所、(財)国際メディア研究財団等と連携、研究開発しています。HABITAは進化し続けます。
時代の流れに敏感なマスコミに正しく情報提供をつづけます。
広報の具体的な手法やツール作成などをお手伝いいたします。
優れたデザインは広告効果を何倍にも高めます。効果的な広告をHABITAは目指しています。
提携企業にお手伝いいたします。
営業、設計、積算、工事、融資、環境について学び、一人五役のスキルを習得していただきます。
今の大学にはいない実力者を育てたい。HABITAは人財をつくる教育をします。
常に社内研修を行い、試験も行って、スキルを確認し、自己啓発の励みにもする、お手伝いをします。
HABITAは、そうしたメニューを開発、提供しています。
HABITAは、幅広い分野におよぶ住まいについての知識を得、研究を続けていくために、
さまざまな学会と連携しています。学会を通じて権威ある大学の先生方に指導をいただいています。
近年特に、各省庁はさまざまな政策を打ち出し、法律を含めた制度を行っています。
HABITAは行政の動向を的確に把握し、あるいは発言して提携企業にお役に立てます。
HABITAのビジネスモデルの核は頑丈な構造体の供給です。200年住宅の要は構造体です。
先行したHABITAの優位性が、確認されます。
今後、200年住宅の認定で、住宅の履歴書の作成、保管、トレーサビリティ、100年住宅ローンなど課題は山ほどあります。確実に進めてまいります。提携企業さんは地域NO.1企業、地元優良企業、優良企業と目標は各社それぞれですが、ご支援できると思っています。

当社との業務提携には提携料が必要です。別途資料にてご説明いたします。